Cyber Physical City

社会実装と社会変革

新たな技術、制度変更、ビジネスモデルの創出によって、IoT, Bigdata, AI, Cleantechの活用による新たな都市が創造され、そこには大きなビジネスチャンスがあります。

交通渋滞、インフラの老朽化、防災・・・都市が抱える課題はさまざまです。しかしながら、トラブルが起きてからハードの技術によってそれらを解決するのは、大きなコストがかかり、非効率的です。

都市の様々な側面においてIoTによるセンシング情報がビッグデータ化され、データ・ビジュアライズによりリアルタイムに可視化。今後起こりうるアクシデントや都市管理における潜在的リスクと対応の優先順位をAIによって自動的に算出し、効率的かつ安全・安心な都市を実現する。さらにその情報を活用して、福祉、医療、交通、教育、通信、エネルギーなどの都市サービスがより柔軟かつ便利になる。これがCyber Physical Cityです。

前世紀の「情報化社会」のコンセプトは、人間を情報によってどう管理するか、でした。そのため、オーウェルの『1984年』に代表されるような、恐怖の管理社会が想定されていましたが、それは都市そのものよりも人間の方が管理しやすかったためです。今は、違います。Cyber Physical Cityでは、人間がIoTやBigdata, AIを活用することで、仮想空間を介して大きな都市を自由に、柔軟に、効率的に管理することができるのです。

Cyber Physical Cityを実現するための、次世代のテクノロジーやビジネスモデルを持った企業が集まるのが、IBACコンソーシアム。その実装によって、Cyber Physical Cityが実現します。その強力な、日本発の活動力として、IBACコンソーシアムはCyber Physical Tokyoプロジェクトを推進してまいります。